104_SEO順位変動
ブログ初心者

記事の順位変動ってどういう風に起きるんだろう?変動を減らしつつ、記事順位を上げる方法はあるだろうか。

ブロガー兼SEOコンサルのミツキ(@ptnimz1987)です♪

検索順位の変動がなぜ起きるのかを知りたい方向けに、今回は下記のテーマで解説をしていきます。

  • Google評価の傾向と対策
  • Googleアップデートの傾向と対策

ブログやサイトを運営している際、狙ったキーワードの検索順位の変化を観察していると日々の変動が確認できますよね。

このような変動がなぜ起こるのかその根拠を解説した上で、変動をなるべく少なくして検索上位を取るために重要なことも説明します。

ちなみに僕の実績は下記の通りで、SEOコンサルやブログで稼ぐという観点でそれなりに実績があるので、その実績を元に解説をしていきます。

ミツキミツキ

ブログ歴:3年弱
ブログからの売上は毎月10~20万円前後
企業向けのSEOコンサルとして40~60万円/月ほど稼いでます

今回解説する内容については、YouTube動画でも解説しているので、動画で見たいという方は以下からどうぞ。

キーワード選定のコツを無料公開中

SEOキーワード選定の方法
本当は公開したくないキーワード選定の方法を無料公開中!
キーワード選定が苦手という方は是非ご覧ください。

日々SEOの順位変動が起きる傾向と対策

SEO順位変動1

順位変動の大前提として、記事を投稿してから1年は順位に変動が起きやすいと思ってください。

その理由は、Googleが記事を評価するまでに時間がかかるからです。
早くて半年、長くて1〜2年ぐらいかかると言われており、サイトを運営しているとわかると思いますが、記事を書いて3ヶ月位は狙ったキーワードで上位に来ないのが普通です。

Googleの記事評価の判断基準を明確につかむのは難しいですが、「この要素が影響している」というのがいくつかあるので解説していきます。

傾向1:Googleは読者の行動を全てチェックしている

GoogleはGoogle chromeを使っている読者の行動を全てチェックしています。

実際にGoogleマイアクティビティというページを見ていただければその細さが分かると思います。

自分のネット上の行動をGoogleはしっかりと見ており、どういうキーワードで検索して、どこのサイトにアクセスしてということが全て記録されています
そして、この読者の行動をベースに記事順位を変動させているのです。

その中でもプラス評価になるものとマイナス評価になるものがあるので、それについて解説していきます。

傾向2:Googleからプラス評価される4つの行動

プラス評価を受ける行動を4つあげます。

1.ページ内リンクのクリック

1つ目は、ページ内のリンクがクリックされることです。

読者にサイト内の外部リンクや内部リンクをクリックしてもらうと、プラスの効果になります。
プラス評価を受ける基本的な考え方として、「Googleは読者が求める答えにたどり着くのをアシストしたい」ということがあります。

読者がリンクをクリック→自分の記事から答えに近づくアシストができた→プラスの評価

これがGoogleのやりたいことなので、それが自分の記事からできると評価されるのです。

2.閉じるボタンを押す

2つ目は、ブラウザの閉じるボタンをクリックされることです。

なぜなら、実際に検索をしていれば分かると思いますが、閉じるボタンを押すという行動は記事を見て問題が解決したという証拠になるからです。

3.記事を最後まで読んでもらう

3つ目は、記事を最後まで読み切ってもらうことです。

最後まで記事を読み切る、それはつまり読者の悩みに関することが書かれているという一つのサインとなります。
逆に、記事の途中で離脱されるとマイナス評価を受けますが、最後まで読んでもらうとプラス評価になります。

4.ページに長時間滞在してもらう

4つ目は、ページに長時間滞在してもらうことです。

読みにくい記事はすぐ離脱されてしまいマイナス評価となります。
読者にとって読みやすい記事はページへの滞在時間も伸び、結果的にプラス評価を受けます。

傾向3:Googleからマイナス評価される3つの行動

次に、マイナス評価を受ける3つの行動をあげます。

1.ページ途中の離脱

1つ目は、ページの途中で離脱して次の検索結果のページに行くことです。

自分のところに来た読者が「途中まで読んだけど、この記事だと問題は解決されない」と判断して戻るボタンを押して、別の記事へ行ってしまう行動はGoogleからマイナスの評価を受けます。

2.戻るボタンのクリック

2つ目は、戻るボタンをクリックされることです。

戻るボタンをクリックされるということは、読者の求める情報が記事の中になかったとGoogleに判断されるので、マイナス評価になります。

3.再検索される

3つ目は、再検索されることです。

自分のページに来たものの、求める情報がなかったので再検索されることはマイナス評価になります。
これを防ぐためには、再検索されるワードや情報を予測してリンクを設置する必要があります。

ここまでプラス・マイナスの評価についてまとめましたが、大切なのは読者の検索意図を汲み取りながらコンテンツを作ることです。

検索キーワードを元に読者がどんなことを求めているのかを推測し記事を書くことが重要です。
ここをしっかりやらないと検索上位を取ることは不可能に近いと思います。

対策:Googleの評価を上げる2つの工夫

Googleからの評価を上げるために、更に大事なことが2つあります。

1.読者が読みやすいコンテンツを作る

1つ目は、読者が読みやすいコンテンツを作ることです。

ありがちなミスとして、企業のメディアでよくあるんですが、文字ばかりで読みづらいことです。

読みやすい記事の書き方については、以下の記事も参考にしてみてください。

ポイントは以下の通りです。

  • 画像を使ったり、箇条書きをしたり、マーカーを引くなどして読者が読みやすくなる仕組みを作る
  • 記事の全てが新聞のように文字ばかりで、読者が読み進めたいと思えないのはNG
  • 戦略的に「ここは読ませないようにしよう」と文字ばかりにする上級テクニックはあり

2.適切なリンクを貼る

2つ目は、適切なリンクを貼ることです。

上記でも解説した通り、読者が欲しいタイミングでリンクを設置しないといけません。
そのため、読者の検索意図を読み取り、適切なタイミングでリンクを貼る必要があります。

ここまでが読者の行動によって順位変動が起こることの解説でした。
もし、読者の検索意図についてもっと知りたい方は以下の動画や記事を参考にしてください。

GoogleアップデートによるSEOの順位変動の傾向と対策

SEO順位変動2

順位変動という言葉を見るとアップデートの影響もつきまとってくるので、次はアップデートについて解説していきます。

傾向:Googleのアップデートの意味

本記事を書いているのが2021年4月ですが、年に2〜3回はアップデートによる大きい順位変動があります。

大きな変動というと2018〜19年に大きな変動がありました。
いわゆるYMYLという医療など人の生命に関わるジャンルで大きな変動が行われ、多くのアフィリエイターがSEOから撤退したという事件がありました。

その意図は以下の通りです。

Googleは、専門的な知識を専門家が発信する記事を上位に上げようとしている

それまではアフィリエイターが低品質な記事をSEOを使って検索上位に上げていましたが、ステマのような記事の量産につながりました。
そのようなものをGoogleが排除して権威性がある人の発信を上位に上げていく傾向があります。

具体例
  • 「頭痛 治し方」で検索すると、今はお医者さんが書いたような記事が上位。
  • 昔はアフィリエイターが書いた記事が上位にあり、「これを飲めば治る」というようなアフィリエイト商品が乱立していた。

また、大企業が数多くのライターを雇って記事を書きまくって上位を独占することもありました。
しかし、現在では大量のライターで記事を量産しても上位に上げるのは難しくなっています。

アップデートをマイナスとして見ている人が多いですが、こうやって振り返ると、実は結構プラスなのではないでしょうか?
なぜなら良質なコンテンツを作る人が生き残れる時代になっているからです。

何か悩みがあって検索した時、アフィリエイターが書いた低品質な記事しかなかったら困りますよね。
専門家のような権威性のある方が書いた記事が上位に来ることはやはり良いことだと思います。

対策:権威性の作り方と探し方

ただし、ここまでの情報で「自分は権威性がないからコンテンツが作れない」と悩む方もいると思います。
これはしっかりと覚えてほしいのですが、権威性はこれからでもつくることができます。

権威性を作る方法は主にSNSが手っ取り早いですが、僕は以下のように権威性を作るようにしています。

権威性の作り方
  • Twitter(前まではYouTubeも)を活用して権威性を作っている。
  • 主にSEOやブログノウハウについて発信している。

このようにSNSを活用してしっかり発信することで自分に権威性を作り、合わせてブログも運用していくスタイルをオススメします。

「そうはいっても、自分に何の権威性があるか分からない」という方も多いかと思います。

その場合は、自分の悩みを解決できた経験を思い出してください。
僕はエンジニア系のブログも運営していますが、以下のように考え権威性としています。

具体例
  • エンジニアをしていて会社員として4年間働いていた。
  • 残業ありまくりなのに残業代出なくて鬱になりかけるという、あまりにも過酷な体験をした
  • しかし、そこから抜け出そうとフリーランスになって人生が変わったので、その経験をもとに発信をしている
  • エンジニアとしての働き方の悩みの解決が権威性となった

自分と同じように悩んでる方はたくさんいるので、その方々に届くようなコンテンツを作っていけばOKです。
権威性がないと嘆く前に、自分の悩みを解決した経験をもとに発信していけばいいと思います。

まとめ

今回はSEOの順位変動について解説してきました。

Googleのプラス・マイナスの評価傾向を知り対策を立てることも大切ですが、何よりも大事なことは、読者が求める情報を発信し続けることです。

読者がどういう記事を求めていて、どういう行動につながるのか逆算して考えて記事を作ってみてください。
それが読者のためにもなりますし、自分のためにもなっていきます。

そのように考慮して記事を書いていくことをオススメします。

Webマーケコンサルを依頼したい方へ

SEOは年々難易度が上がってきているため、自社で対応しきれないという企業様もいらっしゃるかと思います。
ご希望の場合は、僕の方でコンサルをさせて頂くことも可能です。
得意なのはSEOですが、Web集客全般について知見があるので下記をご参照の上でお問い合わせください。

Webマーケコンサルのご依頼

Web集客と合わせてサイト制作もご依頼頂く際はサイト制作×Web集客の対応も可能です。
ビジネススタートをサポートするプランとしてご用意させて頂いていますので、下記よりご確認ください。

サイト制作×Web集客のご依頼