LIFE

金持ち父さん貧乏父さんの要約・書評 【人生を変えるきっかけの本!?】

金持ち父さん貧乏父さんって有名だけど悪い噂もあるし、実際のところどうなんだろう??賛否両論どちらも知りたいな。

今回は大ベストセラーの「金持ち父さん貧乏父さん」について要約をまとめて紹介します。

著者のロバートキヨサキさんは日系アメリカ人で2018/10に講演会で来日されていまして、僕もそちらの講演会に行ってきたのでその時の感想や本について詳しく解説していきます。

結論から言うと人生を変えたいのであれば金持ち父さん貧乏父さんは必読書です。実際僕はこの本をきっかけのひとつとして人生が変化しましたし、豊かな考え方を磨くことができました。

ミツキ
ミツキ
正直僕はこの本見た目が怪しいと思ってまして(笑)、この本に対して良くない感想や印象を持ってる人がいるのも事実なので、僕が知る限り金持ち父さん貧乏父さんについてのすべて書いていきます。

 

目次

金持ち父さん貧乏父さんをわかりやすく要約

それでは本題の金持ち父さん貧乏父さんの要約に入っていきます。まず目次は下記となっています。

金持ち父さん貧乏父さん目次

教えの書
第一の教え:金持ちはお金のためには働かない
第ニの教え:お金の流れの読み方を学ぶ
第三の教え:自分のビジネスを持つ
第四の教え:会社を作って節税する
第五の教え:金持ちはお金を作り出す
第六の教え:お金のためでなく学ぶために働く

実践の書
実践その一:まず5つの障害を乗り越えよう
実践その二:スタートを切るための十のステップ
実践その三:具体的な行動を始めるためのヒント

フィクションですが、主人公(ロバート・キヨサキさん)の実の父(貧乏父さん)と親友の父(金持ち父さん)から学んだことを元に思考を凝らしていくストーリー仕立てとなっています。それでは各章の要約を見ていきましょう!

【金持ち父さん貧乏父さん教えの書①】金持ちはお金のためには働かない

貧乏となる考え方、一般的な会社員は意識するしないにしろ「お金のため」に働いています。何が得られるか、何が学べるかなどよりも先に潜在的にはお金ありきで仕事をやるかどうかを決めています。表現を変えるとお金がなくなることへの恐怖から仕事をしてしまっていることになります。

これはいくらお金が増えても解決することではなく、考え方に金持ちとの違いがあるのです。

ミツキ
ミツキ
僕自身も元々はそんなに意識してなかったですが、お金がなくなることの恐怖から仕事をしていました。本書と2冊目のキャッシュフロー・クワドラントを読んでからは少しお金と仕事の見方が変わりましたね。

【金持ち父さん貧乏父さん教えの書②】お金の流れの読み方を学ぶ

前章からの続きで金持ちと貧乏の大きな違いとして資産と負債の捉え方の違いがあります。下記はいわばもう名言ですね!

金持ちは資産を手に入れる。
中流以下の人たちは負債を手に入れ、資産だと思いこむ

この考えのわかりやすく、かつ衝撃なところは貧乏な人は持ち家を資産だと思うが、本当は負債であることですね。この考えには僕もびっくりしたのですが、要は持ち家はローン代の支払いが続くので負債となるわけです。

ミツキ
ミツキ
大学で簿記の資格を取っていた僕にとって完全に思考が逆だったので最初読んだときの衝撃は大きかったです。
でも考えてみたら当たり前のことで、今はフリーランスSEやWebマーケティングの仕事などすべて将来的に資産となるか?という観点で選ぶようにしています。自分の貴重な労力と時間をどこに使うかは重要ですね。

【金持ち父さん貧乏父さん教えの書③】自分のビジネスを持つ

それでは金持ちにとっての資産とはなんのことを指すのか?具体的な例として下記が挙げられています。

1.自分がその場にいなくても収入を生み出すビジネス。
2.株
3.債券
4.収入を生む不動産
5.手形、借用証書
6.音楽、書籍などの著作権、特許権
7.その他、価値のあるもの、収入を生み出すもの、市場価値のある物品など

つまりは、働いてその月か翌月などに振り込まれていくような稼ぎ方ではなく、継続してお金が入ってくるようなものが資産と呼ばれるわけになります。

ミツキ
ミツキ
いわゆる不労所得とかストック収入と呼ばれるものになりますね。ネガティブに考えると将来何があるかわからないので上記のような資産を作っていくことは大事ですよね。

【金持ち父さん貧乏父さん教えの書④】会社を作って節税する

続いて会社を作ると節税できるということが書かれている第四の教えですが、この教えについては図にするとわかりやすいです。下記の図の通りなのですが、収入が会社員と会社を持ってる人同じ1千万円・税金が20%の時、会社員は先に200万納税するので使える額が800万円になります。

一方会社を持っている人は同じ800万円を使ったとして、余った額:200万円から20%の40万円が納税額になるので使えるお金が更に160万円使えることになります。

本書はアメリカで出た本なのでアメリカだけの話だと思われる方も多いですが、この話に関しては日本でも同じことが言えます。

ミツキ
ミツキ
僕自身も今はフリーランス(個人事業主)なので、会社は持っていませんが上記で言うと会社を持ってる人側になります。感覚的にも使うお金が増えていいですね。

【金持ち父さん貧乏父さん教えの書⑤】金持ちはお金を作り出す

金持ちになるためにはファイナンシャルインテリジェンスを形作る下記の専門知識が必要となります。

1.会計力・・・ファイナンシャル・リテラシー(お金に関する読み書き能力)。数字を読む力。ビジネスあるいは投資を築くのに不可欠なスキル。
2.投資力・・・お金がお金を作り出す科学。
3.市場の理解力・・・市場が需要と供給の科学であることを理解する。
4.法律力・・・会計や会社に関する法律、国や自治体の法律に精通していること。合法的にゲームをするのが一番だ。

本書148ページからの抜粋となりますが、要はお金を作り出すためには知識を身につける必要があるということです。

ミツキ
ミツキ
上記のような知識を身につけるために手っ取り早いのは本を読むことですね。この金持ち父さん貧乏父さんシリーズの本も勉強になること多いですし、いわゆるビジネス書の類は勉強することが多いです。

【金持ち父さん貧乏父さん教えの書⑥】お金のためでなく学ぶために働く

第一の教えでお金のために働かないと書かれていますが、では何のために働くのか?と思う方もいると思います。本書で書かれているのは「学ぶために働く」です。前述した通り、ロバート・キヨサキさんも一度は兵隊へ入隊、ゼロックス社へ入社と会社員の経験をされたことがあります。

元々会社員より会社を持つことが良いことや投資が良いとわかっていたのにも関わらず上記の選択をしたのはなぜか?それは学ぶためです。狭く深くではなく、広く浅く学んでいくことが重要と書かれています。

ミツキ
ミツキ
僕もちゃんとお金をもらえる仕事のはずがその時の状況でお金がもらえないなんてことがあったのですが、正直それはそれで色々学ぶことが多いですし経験として役立っています。
選択するときの一つの指標として将来約に立つか?で考えるのは重要ですね。

【金持ち父さん貧乏父さん実践の書①】まず5つの障害を乗り越えよう

教えの書を読んだり、お金の流れやその流れの読み方を習得できたとしてそこには下記5つの障害が横たわっている場合があります。

  1. 恐怖心
  2. 臆病風
  3. 怠け心
  4. 悪い習慣
  5. 傲慢さ

詳細は割愛しますが、上記5つの障害を解消しないことには本当の豊かさを手にすることはできません。

ミツキ
ミツキ
日常でも色々と障害が多いと思いますが、僕の感覚ですべてを解消するには無鉄砲に見えてもいいので勢いよくやってみることです。ゆっくり動くと悩んで動けなくなってしまうのでスピード重要ですね。

【金持ち父さん貧乏父さん実践の書②スタートを切るための十のステップ

教えの書に書かれていることを実践し、金持ちになっていくためにはどうすればよいか?下記のようなステップを切ることが大事と書かれています。

  1. 強い目的意識を持つ-精神の力
  2. 毎日自分で道を選ぶ-選択する力
  3. 友人を慎重に選ぶ-協力の力
  4. 新しいやり方を次々と仕入れる-速習の力
  5. 自分に対する支払いをまずすませる-自制の力
  6. ブローカーにたっぷり払う-忠告の力
  7. 元手はかならず取り戻す-ただでなにかを手に入れる力
  8. ぜいたく品は資産に買わせる-商店を絞ることの力
  9. ヒーローを持つ-神話の力
  10. 「教えよ、さらば与えられん」-与えることの力

どちらかというと精神的なものが多いですね。

ミツキ
ミツキ
精神を鍛えるためには継続するのが一番だと僕は思っていまして、努力を継続するコツは努力を継続するコツ【確実な方法】4つのコツを実践して努力を継続にも書いているので参考にしてみて下さい。

【金持ち父さん貧乏父さん実践の書③】具体的な行動を始めるためのヒント

実践その二は精神的なものが多かったですが、実践その三として具体的な行動として下記のヒントが記されています。

  • いまやってることをやめる
  • 新しいアイディアを探す
  • 自分がやりたいと思っていることをすでにやりとげた人を見つける
  • 講座を取る、読む、セミナーに参加する
  • オファー(買付申込)をたくさんする
  • ジョギング、ウォーキング、ドライブをする
  • 株や不動産を「バーゲン」で買う
  • 適切な場所で探す
  • 買い手を見つけてから売り手をさがす
  • 大きく考える歴史から学ぶ
  • じっとしていないで行動する

「おわりに」にも書かれていますが、最後の「じっとしていないで行動する」が最も強調されていまして、今すぐ行動することがとっても重要です。

ミツキ
ミツキ
具体的な行動にするとわかりやすいですね。どれをやるか迷う方は本書とキャッシュフロー・クワドラントを読んでみることをおすすめします。

 

金持ち父さん貧乏父さんのシリーズ本(新しい順に紹介)

ここまで「金持ち父さん貧乏父さん」について、要約を紹介しましたがいかがでしたでしょうか?なんとなくわかった方もいればもっと詳しく知りたい方もいるかと思います。僕の感覚ですが、本代の2000円弱を投資できないようでは金持ちになるのは難しいです。本は健全な投資になるので、詳しく知りたい、行動したい方は一度手にとってみましょう。

続いて代表的なシリーズ本を新しい順に紹介していきます。個人的には最後のキャッシュフロークワドラントがおすすめでして、金持ち父さん貧乏父さんで概要を学び、具体的にどう行動していくのか学ぶのが一番下のキャッシュフロークワドラントです。

金持ち父さんのこうして金持ちはもっと金持ちになる

金持ち父さんの「大金持ちの陰謀」

金持ち父さんの21世紀のビジネス

金持ち父さんの起業する前に読む本 -ビッグビジネスで成功するための10のレッスン

人助けが好きなあなたに贈る金持ち父さんのビジネススクールセカンドエディション

金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法

金持ち父さんの投資ガイド 入門編: 投資力をつける16のレッスン

金持ち父さんの投資ガイド 上級編: 起業家精神から富が生まれる

金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント:経済的自由があなたのものになる

 

金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフローゲーム

キャッシュフローゲームは僕もやったことがありますが、めちゃくちゃ勉強になります。そして、いい値段します(笑) Amazonにもほとんど在庫がないようなので買うなら早めが良いですね。

ゲームの内容としては、一般的な人生ゲームをイメージしてもらえれば良くて、それに加えて資産を作っていく・負債を買うとマイナスになるみたいな感じです。リアルの世界でいきなり投資をしたりするのは勇気がいりますが、まずは2万円ちょっと投資してゲームから入るのもありですね。

 

金持ち父さん貧乏父さんはアムウェイを始めとするネットワークビジネスの勧誘で使われてる?

金持ち父さん貧乏父さんというと、知る人によっては「ネットワークビジネスの勧誘で使われるものでしょ?」と思う方もいます。事実、僕も本書をネタにアムウェイの勧誘を受けたことがあります。

先述した、「21世紀のビジネス」や「ビジネススクール」の本もネットワークビジネスについて書かれた本でして、ロバート・キヨサキさんは「ビジネスを持つ」という方法としてネットワークビジネスを推奨しています。

仮にネットワークビジネスで使われる王道としては下記になります。

  1. 旧友や新しく出会った人と会う
  2. 初回もしくは2回目以降に本の紹介をされる or 人を紹介されて本を紹介される
  3. 本を読んだ感想を(多少しつこく)聞かれる
  4. ネットワークビジネスに勧誘される

勧誘を阻止するには自分はネットワークビジネスに興味ないことをはっきり伝えることですね。強要する場合は消費者センターへ問い合わせるのが良いでしょう。

とは言え、個人的に金持ち父さん貧乏父さんはおすすめでして、その理由を下記で記します。

 

金持ち父さん貧乏父さんをおすすめする理由

賛否両論ある本ですが、なぜ僕がこの本をおすすめするのか?

答えは僕にとって人生が変わったきっかけの本だからです。初めて読んだのは25歳のときでしたが、それまでの人生で僕の周りにいるのはほぼ全員会社員の考えでした。別に否定するつもりもないのですが、視野が狭く選択肢が狭かったなと今では思います。

本書とキャッシュフロークワドラントを読み、キャッシュフローゲームを通じて僕はお金の流れや価値を改めて感じて努力の方向性を変えました。フリーランスになろうと思ったきっかけも会社設立に向けて頑張ってるのもきっかけは本と人との出会いが全てです。

仮に上記のようにネットワークビジネスの勧誘のため??と思っている方も本書を読むだけではなにも損しませんし、得られるものは大きいです。自分の本当の幸せを得るための一つとして読んでみることをおすすめします!

 

最後に

金持ち父さん貧乏父さんは262ページでほぼ文章だけ(図解もあり)ですが、一見読みづらさを感じるものの小説のようなストーリーになっているので読みやすいです。

本記事の要約でまとめきれていない部分もありますので、一読してみると勉強になるでしょう!

ABOUT ME
ミツキ
凡人でも変化できることを証していきたいと思いながら生きています!新卒で某SIerにSEとして就職→4年後にフリーランスSE→2017年5月に結婚→公私ともに順調な生活。2020年法人化するに向けてWebマーケターとしての仕事を頑張っています。 こんな人 長野県出身東京育ち在住/31歳/フリーランスSE 趣味→飲食店開拓,猫観察,野球,自己啓発(読書,人間関係中心)
未経験からWebマーケターとして1年でノマド化する方法配信中!