LIFE

バカとつき合うなの書評・感想(ネタバレ注意) ~成功のための必読書~

現状を変えたい人
現状を変えたい人
なんか最近うまくいかないんだよなぁ・・・。堀江貴文さんと西野亮廣さんの「バカとつき合うな」という本あるけど、この本読めば何か変わるかなー?どんな内容なのか知りたいな。

きっかけは人それぞれだと思いますが、何かしらの理由があって「バカとつき合うな」に興味が持たれて本記事を読まれているかと思います。

誰もが知る堀江貴文さんキングコング西野亮廣さんの共著、「バカとつき合うな」。この2人の夢の協演、待っていた方も多いのではないでしょうか?

結論から言うとこの本は、成功したいと思う方全員一読する価値のある本でして、その理由は自分がバカになっていることに気づいていない、バカとつき合ってることに気づいてないからです。

もしあなたが何かしらで成功したい、人間関係を良くしたい、一つでもなにか前進するきっかけにしたいと思われてるようでしたら先にお伝えしておきます。成功のための必読書とタイトルに書いていますが、残念ながら本記事を読んでも何も変わりません。

本記事を書いてる僕はフリーランス歴5年、人間関係に関して色々悩み解決してきた自負がありますが、全ては行動があったからです。本記事を通じて次のアクションにつながるきっかけとなれば幸いです。

ちなみに僕自身、昔はバカだったし今でもバカだと思います。ただ今すぐ行動しない人はもっとバカですよね?本記事はネタバレになりそうなくらい濃厚に書いているので、本記事を読んで次のアクションにつなげていきましょう。

 

 

「バカとつき合うな」の書評・感想(ネタバレ注意)

早速ですが書評に入っていきます。この本をおすすめしたい人や目次は後述しているのでそちらも参考にしてみてください。

この本の感想を一言で言うと、「心にめちゃくちゃ刺さる~~!!」です(笑)

冒頭に下記のように書かれていますが、まさに!と思いました。かつ、僕は人間関係をかなり断捨離してきた方で学生時代の友達はほとんど会ってないですが、意識しないと本書にかかれている「バカ」と付き合ってしまっています。

『バカとつき合うな』は、これになぞらえるなら、西野くんという仲間を得て、時間をかけて、やっと完成させた一般相対性理論のようなものです。

「はじめに」より引用

 

心に刺さる部分が多すぎて書評という形で何を書くべきか悩みますが、個人的に印象に残った箇所・フレーズは下記になります。(ネタバレ注意)

個人的に印象的な箇所
  • 学校教育というバカと付き合うな。
  • 人が作ったレールに乗って成果を出しても、一番評価されるのは「レールを作った人」。
  • 前例がないから怖い?命まで取られないから大丈夫。
  • 「環境の変化」=「あなたの成長」
  • ぼくは1年にひとつ、仕事を手放すことを自分に課している。
  • 自由でいたければ、多数派に飛びついてはいけない。
  • 行動すれば失敗もある。それでいい。
  • 真似ることが個性を育てる。思う存分、真似していこう。
  • ぼくらもあなたも、いいバカとして世界を明るくしていこう

僕はどちらかというと、自分の師匠と決めた人の真似ばかりしてきました。それが良いことでもあり、バカであることに繋がることを本書を通じて感じさせてもらいました。

世間一般で言う「普通のレール」には全く価値がなくて、自分が第一人者として新しい道を切り開いていくこと!それが本当に自分が人生を楽しく生きていくために大事なことです。

正直本書に書いてあること、僕は一度は聞いたことあることが多かったです。ただ実践してない。実践してないから意味ないですし、忘れてしまってることも多かったと感じました。
行動する、実践していくことが重要ですね。

「バカとつき合うな」をおすすめするのは『現状を打破したい人』

上記で僕の感想を見て頂きましたが、「バカとつき合うな」をおすすめしたいのは下記のような人です。

  • 現状に不満を感じている方
  • 人間関係になにかしら悩みを感じている方

他の表現方法も考えましたが、本当に本書をおすすめしたい方の条件は上記2つに尽きます!本当は何か成し遂げたいとか、今のままで満足してないんだよなーという方はこの本は打ってつけの本です。

「バカとつき合うな」の目次

こちらに本書の目次を載せておきますね。

第1章 バカはもっともらしい顔でやってくる。気をつけろ!

  1. バカばっかりの環境に居続けるバカ
  2. 人と同じことをやりたがるバカ
  3. 学校を盲信するバカ
  4. 目的とアプローチがずれているバカ
  5. 我慢を美徳にしたがるバカ
  6. 未熟なのに勘に頼るバカ
  7. 欲望する力を失っているバカ
  8. 「自分の常識」を平気で振りかざすバカ
  9. 機会の代わりを進んでやるバカ
  10. 付き合いを強要するバカ
  11. ひとつの仕事で一生やっていこうとするバカ
  12. 先に設計図を描きすぎるバカ

第2章 バカになにを言ったところで無駄。ムキになるな!

  1. にわかを否定するバカ
  2. 人生の配分ができないバカ
  3. 新しさばかり追求するバカ
  4. 無自覚に人の時間を奪うバカ
  5. 善意なら何でもありのバカ
  6. マナーを重んじて消耗するバカ
  7. 自分は老害にならないと思っているバカ
  8. 孤独を怖がるバカ
  9. 一貫性にこだわるバカ
  10. 未来に縛られるバカ
  11. 空気を読むバカ
  12. バカを笑って、自分は棚上げのバカ

第3章 ふたつの「バカ」

  1. 西野亮廣という「バカ」
  2. 堀江貴文という「バカ」
  3. ぼくは「バカ」
  4. ぼくも「バカ」

 

最後に

本書の中で何度も書かれていますが、行動しないと意味がありません。

考えてから行動すると言う人ほど結局は何も行動しない、今まで僕は1200人以上と会ってきましたが肌で感じていることです。

バカとつき合うな!

そして、バカになるな!

ここまで読んでいただいてピンと来た方はこの本を手にすることをおすすめします。
本書は普遍的な人が大切にすべきことを教えてくれるバイブル書と感じたので、僕自身も何度も繰り返し本書を読みながら自分自身を高めていきます。

 

多動力(堀江貴文著)の書評/感想 ~飽きっぽい人の方が成功する?!~バカ売れしていて映画化の予定もある、堀江貴文さんの多動力の書評・感想です。仕事やプライベートに役立つのでおすすめです。...
金持ち父さん貧乏父さんの要約・書評 【人生を変えるきっかけの本!?】20年以上読まれ続けるベストセラー本「金持ち父さん貧乏父さん」の要約・書評をまとめました。世界で2000万部売れる「金持ち父さんシリーズ」を執筆したロバートキヨサキさんの処女作を是非覗いてみましょう。...
ABOUT ME
ミツキ
凡人でも変化できることを証していきたいと思いながら生きています!新卒で某SIerにSEとして就職→4年後にフリーランスSE→2017年5月に結婚→公私ともに順調な生活。2020年法人化するに向けてWebマーケターとしての仕事を頑張っています。 こんな人 長野県出身東京育ち在住/31歳/フリーランスSE 趣味→飲食店開拓,猫観察,野球,自己啓発(読書,人間関係中心)
未経験からWebマーケターとして1年でノマド化する方法配信中!